マザーテレサボランティアTOP » 参加者から » 初回企画した時のレポート

インド&ネパールボランティアの体験レポート

初めて企画したときのこと(2006年から続けています)

「驚異の国」インド、そして「神秘の国」ネパールを同時体験してみたい。。そんな企画をしたのが「インド+ネパールプログラム同時体験プログラム」。今回第1回目として、2006年3月21日~4月4日の2週間に催行しました。

当初、目標は6名くらいの方が参加してくだされば、と思っていたのが実に11名の方よりお申し込みを頂戴した。タイ航空利用で、11名中関空発は5名、名古屋発2名、成田発3名、そして福岡発が1名の参加となった。

私自身はグループの方たちよりも遅れて3/25の深夜にコルカタ入りしたので、3/22-3/28間のインドでのボランティア活動レポートはありません。

それでは、私の個人的な見解?かつ感じたまま報告させて頂きます。

★★現在は2カ国体験プログラムは個人の皆様のご希望により、随時手配する形にしています。★★
幅230
幅230

インド&ネパールボランティア|日本からインドへ

3/21(火)日本発-バンコク経由でコルカタヘ(深夜到着) 
まずは、関空にて5名の方を見送ったそこでのヒトコマより。。。

関空発は11:10、よって空港での待ち合わせを2時間前の9時に設定。 かおりちん、ちえぽん、ちぐちぐ、まいこちゃん、あれっ?けいこちゃん(別名: はらたいら)が未だ来ていない。。でも、すぐに5名が揃い、TG(タイ航空)のカウンターへ。 

余談・その1
けいこちゃんのことを、私たちスタッフの間では勝手に「はらたいら」という名称で呼ばせてもらっている。そのことを彼女に伝えると、可愛く笑ってくれてい たが、そもそも、少し天然ボケ(ごめんよ~!!)のところがあるようだ。 書類を送る際に、ご実家の住所を確認したく、電話で訊ねた。住所に‘ハラ’とい う地名が入っていたので、「原っぱの原ですよね?」と聞くと、「はらたいらのハラです。」と答えた彼女。「はっ?? それって、ひらがなですけど・・。」 と大笑い。それにしても20代前半の彼女が‘はらたいら' を知ってるとは。。。おまけに、「クイズダービー見てましたよ。」等と言っていた。 おいおい、年齢サバ呼んでません、けいこちゃん!!??

5名のスーツケースを持ち上げてびっくり。5名中、明らかに3名ほどは30kg程あるのではなかろうかという重たさ。かおりちんは旅なれているのかなかな か上手く荷物を詰めたようで、スーツケースではなく大き目のスポーツバックという身軽さだ。
一人一人でチェックインをすると明らかに、荷物の超過料金を課せられると思い、「5名は友達同士で一緒に旅行をするから、皆の荷物がお互いのスーツケース あちこちに入っている。」と説明をし、グループでのチェックインを認めてもらった。今回利用したタイ航空のカウンターのお姉さんは、「いいですよ。」と親 切に言ってくださったのでひとまず、「ほっ」と安堵。そしてひとまず、「行ってらっしゃ~い!!、またあとで、インドでね。」と5名を見送った。

余談・その2
実は昨年の10月に他の航空会社(仮にCとしておこう)で生徒さん数名を見送った際、セキュリティの関係とかで、グループチェックインを認めてもらえず、 一人一人のスーツケースを量られ、28.9kgで¥20,700、30kgで¥28,000、35kgで¥68,800の超過料金を払ったケースがある。 航空会社によってその対応は様々だが、20-22kgまでに抑えておくのが無難でしょう。

バンコクの乗り換え地では、関空出発組、名古屋出発組、成田出発組3人のうちの2人、そして福岡発の1人とも無事会えたようで、コルカタヘ向った様子。バンコクで会えなかったかよちんとは、無事、コルカタ空港到着時(深夜0:15、つまり3/22ということ)にあえたようで、空港で出迎えてくれた現地 コーディネーターのカロルとも無事会え、計11名がそろってそれぞれのホームステイ先へ向うこととなる。

次のページへ

幅230
幅230
幅230
ページの先頭へ